スポンサーリンク

青の帰り道

青の帰り道
出典 aono-kaerimichi.com

【青の帰り道 映画データ】

  • 2018年12月7日 公開
  • 放映時間:120分
  • (C) 映画「青の帰り道」製作委員会
  • 製作国:日本
  • 制作プロダクション:and pictures
  • 制作協力:BABEL LABEL
         プラスディー
  • 配給:NexTone
  • 配給協力:ティ・ジョイ
         (新宿バルト9ほか)
  • 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

【青の帰り道 あらすじ】

青の帰り道
出典 aono-kaerimichi.com

2008年、東京近郊にある町で卒業を目前に控えた7人の高校生がいました。

その7人は卒業後に東京へ上京する者と地元に残る者に分かれ、それぞれの夢や希望を追いかけながら未来へと進んでくことになったのです。

歌手を夢見ていたカナは地元でタツオとデュオを組んでいましたが、タツオが受験に失敗して地元で浪人することになったことから、一人で上京することになりました。

また、キリは家族との仲が上手くいかないことを理由に実家を飛び出して上京する道を選び、見事に大学に進学を決めたユウキも上京したのです。

そして、受験に失敗したタツオはもちろんのこと、漠然と大きなことをやりたいと思いながらも明確な道を見いだせないでいるリョウやできちゃった婚をしたコウタとマリコは地元に残ることになりました。

その7人それぞれが東京や地元で高校卒業から3年を過ごし、夢の挫折や希望を見失うことなどを経験していきます。

そんな苦しい経験をして再び思い出の地に集まった7人は、夢と希望に溢れた当時の気持ちを思い出して、再びそれぞれの明るい未来へと新たな一歩を踏み出していきます。

【青の帰り道 みどころ】

青の帰り道
出典 aono-kaerimichi.com

この作品では、多感な高校時代を一緒に仲良く過ごした男女7人が、卒業と同時に違った進路へと進んで行き、それぞれに何らかの悩みや問題に直面しながら成長して行く姿が描かれています。

東京でソロ活動をして人気を得ているカナのように自身の夢に向かって着実に進んでいる者もいれば、カナと地元でデュオを組んでいて卒業後には東京で一緒に音楽活動を夢見ていたタツオは受験に失敗したことで地元での浪人を余儀なくされたうえに、医学部の受験を何度も失敗して引きこもりになってしまう者もいます。

また、リョウのように自分のやりたいことをはっきりと見つけられない者もおり、それぞれに違った悩みや辛い思いをしながら今を生きているのです。

そんな辛い思いをしていると人は自分が一番輝いていた楽しい時代に戻りたいと考えるのが当たり前だと思いますが、この作品の7人の若者もそれぞれに抱えた苦悩の中で、大切な仲間たちと一緒に過ごした場所へと戻り、自分を見つめ直して新たな一歩を踏み出していきます。

そして、それぞれに抱える悩みや問題の中でも自分自身が進むべき道を再確認していくという姿こそがこの作品の一番のみどころであると思います。

人は過去には絶対に戻ることができません。

ただ、その当時の気持ちを思い出すなど初心に戻ることで、自分が新たに未来への一歩を踏み出していく原動力に十分になり得るということが、この作品が伝えたい内容であるはずです。

ですから、自分自身に一番近いと思われるキャラクターに感情移入しながら観るとより共感できると思います。

スポンサーリンク

 

【キャスト】

  • 真野恵里菜(カナ)
  • 清水くるみ(キリ)
  • 横浜流星(リョウ)
  • 森永悠希(タツオ)
  • 戸塚純貴(コウタ)
  • 秋月三佳(マリコ)
  • 冨田佳輔(ユウキ)
  • 工藤夕貴
  • 平田満

【スタッフ】

  • 監督・脚本:藤井道人
  • 原案:おかもとまり
  • 脚本:アベラヒデノブ

 

かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−
アクシデント

関連記事一覧

母さんがどんなに僕を嫌いでも

【母さんがどんなに僕を嫌いでも】シネマ紹介のページです。シネマナビでは、映画やドラマ、アニメの情報、見どころやあらすじなどをまとめています。

来る

【来る】シネマ紹介のページです。シネマナビでは、映画やドラマ、アニメの情報、見どころやあらすじなどをまとめています。

走れ!T校バスケット部

【走れ!T校バスケット部】シネマ紹介のページです。シネマナビでは、映画やドラマ、アニメの情報、見どころやあらすじなどをまとめています。

スポンサーリンク